レザークラフト 革の種類 ‶ラティーゴ”紹介!!

2021年3月1日

レザークラフト通販サイトのレザーフェニックスさんより、ラティーゴの革を購入し、作る機会を得たのでご紹介したいと思います。

ラティーゴとは

HORWEEN社のオイルドレザーです。

なめし:コンビなめし
仕上げ:吟スリ、オイル仕上げ
厚 み:3.0mm前後
大きさ:A4(210mm × 297mm

Latigoの名が示すとおり馬具用の革として開発され、しっかりとオイルが加えられた非常に堅牢な革です。アメリカのホーウィン社で、ワークブーツなどのアッパー用として製造されている「ラティーゴ」。クロムエクセルよりも丈夫でコシがあります。牛革、天然植物タンニンなめしで、油脂成分をたっぷり含ませたオイルレザー。また、革の中でも緻密で伸びが少ないベンズ部分のみで作成した高級仕様。吟面はうっすらと銀スリ(バフがけ)がしてあり、摩擦を加えることによって革に艶がでてきます。
色ムラと相まってビンテージ調の吟面が特徴的です。                          コンビなめしですので、革小物やカバン、靴など様々な用途に使えます。

ハンドメイド ブックカバー(文庫本サイズ)紹介

ラティーゴの革は、少しザラ感のある銀面で、独特な野暮ったさのある質感のレザーです。手に馴染みやすく、心地よい手触りです。ミシンの真鍮バネホックボタンがお気に入りの作品です。
背面。端の方は摩擦で艶が出てきてますね。しかし、まだそんなに使っていない為、綺麗な状態です。作成して半年は立つのですが、、、本を読めていない証拠ですね(笑)。質感はマットな感じです。
内側にはレザー姫路本舗さんのデニムレザーを使っています。思っていたより柔らか過ぎた為、縫い糸が一部波打ってます(笑)まだまだ未熟です。本当。

ハンドメイド キーケース(車用)

こちらは、ラティーゴレザーで作った車用キーケース。大分使い込まれて、いい感じの色合いになってきました。何度かニートフットオイル塗って日焼けさせてます。
黒光り?(笑)。ビンテージ感出てきましたね。真鍮と相性バッチシです!!
側面から見ると、焼け具合が良く分かりますね。3mmの厚みもなかなか。ラティーゴ、良い革です。

ラティーゴの独特な銀面は、ワイルドでマットな質感も最高で、経年変化を十分味わえる素材となっております。本当、触り心地が癖になるくらい気持ちいいです。靴のアッパーにも使われる革ですので、革は硬めで耐久性も期待できます。かっちりとした印象が強いので、ブックカバーのほかに、財布やカバンにもお勧めです。 通販ショップ レザーフェニックスさん、ありがとうございました。