レザークラフト 革の種類 “エルバマット” 紹介!

今回、通販ショップ レザークラフトフェニックスさんより、“エルバマット”を購入し、ハンドメイドする機会を得たので、紹介致します。

エルバマットとは

数多くのタンナーが集まるトスカーナ地方でも植物鞣しの生誕地と言われるサンタクローチェ地区にある老舗タンナーであるテンペスティ社で製造された、上質なイタリアンシングルバットです。 100%染料で仕上げられた自然な色ムラと「引き脂」仕上げを行わずじっくりと時間をかけ通常の1.5?2倍量加えらたオイル仕上げが特徴の革です。 バッグにも小物にもお勧めしています。

ハンドメイド ペンケース 紹介

エルバマット ラディッシュブラウン 使用。赤みのある茶色、暖かみあるカラーです。がっつり刻印も入れる事が出来ます。

背面。使用1年。より赤みが増してきた印象で、深みある色合いになってきました。
M&Kさんの真鍮スナップロック使用しました。脱着がちょっと変わってまして、摘まんであるノブを引くと外れます。使用していてとても楽ちんです。
拡大図。とってもオシャレなホックです。日本製なので、ドイツ製に比べて安価でお勧めです。
開くとこんな感じになっています。こーいう形のペンケースっていいですよね。洒落っ気半端ないです。
内側に極薄のアメ豚を入れました。余っていたので、丁度良かったです。さり気無い飾り気が素敵です(笑)
やっぱり、赤茶が濃くなるみたいですね。あたりの少ない部分と見比べると、結構濃淡の差が分かり易いです。革の素材感は柔らかく、厚みもあるので、手に吸い付く感じ。馴染みも良いです。

ハンドメイド 携帯灰皿ケース

余り側のエルバマットと日本製のデニムレザーと組み合わせた携帯灰皿ケースです。
ハードに使っている為、結構傷がついてますね。いい感じにやれてきてます。

100均の携帯灰皿よりちょっと大きくなる為、ポケットの中の収まりはちょっと悪いかな。。ただ、ちょっとした小物にも小技が効いてる感じでお洒落です。・・・コンビより、やはり同じ革で作った方が正直好みです(笑)

エルバマットのラディッシュブラウンは、赤茶が濃くなるグラデーションが魅力なレザーですね。暖かみのあるカラーで、なんだか美味しそうです(笑)

エルバマットの革の質感は、手に吸い付く感じで、個人的に凄く好きな手触りです。非常にお勧めの素材ですね!