レザークラフト 革の種類 ‶BABELE(バベル)”紹介

2021年3月21日

此度、イタリア・TEMPESTI(テンペスティ)社のBABELE(バベル)を手に入れた為、紹介致します。

TEMPESTI社のBABELE

イタリア植物タンニンなめし協会加盟タンナー「TEMPESTI(テンペスティ)」社製のフルベジタブルレザーです。上質な牛キップ革のベンズをベースに通常の2倍近いオイルを加えたオイルバケッタ仕上げ、染料100%で染められた銀面はバフがけの上麻袋のようなテクスチャが与えられ、仕上げにワックスコートされるというたいへん工程の多い拘りの素材です。使用が進んでワックスが擦れ落ちると深みのある濃色への変化と同時に艶が上がってくるエイジングをお楽しみ頂けます。

バベルは仕上げにスクラッチ加工+ワックスオンを行い、生地のような独特の質感を表現しています。
オイルが多く、同社のエルバマットに比べると革質はかなりソフトです。
お使いいただく内に銀面がフラットに近づき、表情の変わるユニークな革です。

TEMPESTIバベル – レザーワークス (leatherworks-j.com)

引用

ハンドメイド メガネケース(PC用)

とってもオシャレなデザインで仕上がりました。真鍮ボタンがシンプルにカッコ良い。

今回初めてCADソフトを使って型紙作成。上手く出来ているか心配だったけど、めっちゃいい感じの形に出来ました。想像通りです。バベルって、他の革にはない質感で、擦ると下地の濃紺が出てきます。経年変化が楽しめそうな一品に仕上がりました。

ハンドメイド ペンホルダー1本差し(デジタルペン用)

モカグレーカラー。高級感漂うペンホルダーが出来ました。
大分漉いたのでちょっとペラっとしています(笑)でも何とかペンが入るサイズになりました。

失敗したので、焦って漉いたので、結構銀面をガラス板に擦りつけてしまいました(笑)質感変わるかなと思いましたが、大丈夫そうです。ちょっと地のカラーが色濃く表れていますね。ホルダーのベルト通しの部分と見比べると結構分かり易いです。やはり、こういった本当小さなケースは難しいなぁ。

ハンドメイド マウスホルダー 

マウスが大きいので、型紙を作るのがちょっと面倒だった為、余り側で大体のサイズでカットしました。案外うまく行きました(笑)
ちょっと押さえの左右のバランスが悪い、、、やっぱり手抜きはダメですね(笑)
バックはまあまあ。うーむ、パソコン関係はバベルの革で、革のケースを揃えたいです。

TEMPESTI社のBABELE、上質な牛キップ革にオイルバケッタ仕上げ、染料100%で染められた銀面はバフがけの上麻袋のようなテクスチャ、高級感ありますね。満足度高めです。比較的柔らかく、加工がし易いのも魅力です。今回ヤフオクで安くA4サイズが手に入ったので、本当良かった。ちょっと人とは違ったレザー製品を作りたい、持ちたい人には最適かと思います。

余ったモカグレーを使って、今度はマウスケースを作ろうかな。パソコンケースも作ってしまおうか、なんてちょっと考えてしまっています(笑)。