レザークラフト 革の種類 ‶IBIZA(イビザ)”紹介!

此度、イタリアの老舗タンナー、TEMPESTI(テンペスティ)社のIBIZA(イビザ)を手に入れましたのでご紹介します。

TEMPESTI社のIBIZA

イタリアの老舗タンナー、テンペスティ社製シングルバットです。
適度なハリとしなやかさがあり、透明感のある仕上がりが特徴です。

革の表面にツヤがありますが、強度は弱く、全体的にしなやかなでもっちりとした手触りです。
プルアップレザーならではのオイルの質感と、曲げたり、揉んだり、裏から押すなどにより色の濃淡の変化が楽しめる味わい深い革です。

プルアップとは、革を曲げたり押したりした時に、革に含まれたオイルが周りに移動して色が薄くなる現象です。革を指で摘まんだり揉んだりした時にも同じ現象が起きます。プルアップする革は圧力が加わった箇所の色が薄く変わり、革の表情をより豊かにしてくれます。

イビザ 裁ち革 | レザークラフト・ドット・ジェーピー (leathercraft.jp)

色が変化する「イビザ」という革|Marubayashi (marubayashi-leather.com)

引用
今回は、赤を買いました。もうカットしちゃってますが(笑)新品時でもプルアップ感が分かりますね。凄くいいです。革らしい味です。

ハンドメイド 携帯ケース

今回、立体成形でiPhoneの形に革を変形させてみました。ですので、、、いきなり水に濡らしてます(笑)。

立体成形をする時は、革を全体的に水に濡らして、塗れた状態で型を付けて乾かすという方法を取らなければ、きちんと形が革に定着しないんです。イビザで出来るのか!?と疑問でしたが、ばっちり出来ちゃいました。流石、TEMPESTI社の革ですね。

良く見ると判るのですが、実は立体成形した後の縫い目側のカットに失敗しちゃいまして、少し歪んでしまいました。うーむ、やっぱり今でもこんな初歩的なミスしちゃうんですよね。
数日使用。いい感じの濃淡が出てきました。歪な縫い目のところは、意外と手に馴染む形になっており、また携帯の出し入れの時に引っかかる為、結構活躍しています(笑)。

プルアップ、いいですね!赤のカラーというのも、色濃くなる為、渋いです。いいチョイスでした。手帳型にしようか悩んだのですが、背面のワイヤレス充電を使いたい為、断念しました。こいつがあると全面覆えるので、バッグに入れても安心です。

にしても、いいカラー。赤って男が持つのには抵抗あるような気がしてたけど、この渋みなら全然ありですね!

プルアップ、面白い。つい裏側から指で押して、色味の変化を楽しんじゃいます(笑)

手に持った感じも、本当もちっとして気持ちいいです。こういった良く使う小物には最適です。おすすめですよ!